半田ごて

ワックス系よりもフッ素系離型剤を使うメリット

スピーカーにつないだスマートフォン

プラスチックやゴムを素材とする製品を製造している場合、成形作業を行う際に必要不可欠な離型剤の選択には、誰しも神経を使うところでしょう。というのは、離型性能が高く、成形の失敗が少なくて済む離型剤を選ばなければ、現場作業の効率が悪くなり、スケジュール通りに目標の数の製品を生産できなくなる恐れがあるからです。
離型性能の高さに注目するなら、一番のおすすめは、フッ素コーティングの効果を離型に利用するフッ素系離型剤です。離型剤としてポピュラーなものは、他にワックス系もあり、こちらとフッ素系離型剤のどちらを選ぶか、現場としては迷うところかもしれません。
ワックス系の離型剤と比較した場合、フッ素系離型剤に顕著な特性は、離型後の成形物に、フッ素系離型剤はほとんど転写しないことでしょう。成形物に離型剤という異物が付着しないため、その後、製品を販売するまでの工程に、成形物を洗浄するというステップを追加しなくて済むのです。これは日々、大量に成形作業をこなさなければならない現場にとっては、非常にありがたいことではないでしょうか。
フッ素系離型剤は、不燃性溶剤を使った引火性のない製品や、刷毛で追加塗布可能な製品など、実際に作業する人にとって使いやすい製品が用意されています。是非、チェックしてみましょう。

離型剤に関してはフッ素コーティング剤専門メーカーに相談してみよう

シリコン製品やゴム製品、プラスチック製品の製造業に携わっている場合、いかにして生産性高く製造作業を進めるかは、常に重要な関心事でしょう。この課題に重要なかかわりがあるのが、離型剤のチョイスです。離型剤が優秀であれば、その分、成形作業のスピードを向上し、コストを下げることが可能、即ち、生産性の向上に直結するからです。
現在、利用可能な離型剤の中で、生産性の向上に最も貢献してくれる可能性が高いのは、フッ素コーティング剤を材料として使ったものでしょう。この離型剤は、一般にフッ素系離型剤と呼ばれており、フッ素コーティング剤の専門メーカーが、製品種類や各々の製品の特性についてよく知っています。離型剤の選定にあたっては、例えば現場で製造に使う材料が何で、どの程度の数の製品をどんなスケジュールで製造する必要があるのか等、現場のニーズに合うことを何よりも重視すべきです。フッ素コーティング剤専門メーカーであれば、現場のニーズに関する詳しい説明を提供すれば、そのニーズに最も合う離型剤は何か、有益な助言をしてくれるでしょう。
離型剤はシリコン製品などの製造メーカーにとっては、要となる仕事道具の一つですので、専門家の意見を参考に、ベストな選択をするのがいいでしょう。

離型剤として優れた性能を発揮するフッ素コーティング剤

フッ素コーティング剤に関して産業界でよく知られている特性と言えば、非粘着性やすべり性と呼ばれるものです。これは、鍋を始めとするキッチンウェア類に応用されて有名になりました。この非粘着性やすべり性といった特性は、他の場面でも大いに役にたっています。それは、プラスチックやゴムからできた製品の成形過程においてです。
プラスチックやゴムを原材料とする製品は、液状にした原材料を金型に流し込んで成形する必要があります。もともと固形物からなるパーツを組み合わせて成形する製品と違い、ゴムやプラスチックの場合は、型取りの後、型から製品を分離する作業が必要です。フッ素コーティング剤を成分として含む離型剤で金型をコーティングすることにより、金型表面には強力なすべり性や非粘着性が備わります。すると、型の中で成形されて固まったプラスチックやゴムは、型に一切粘着することなく、簡単に剥がれてくれるのです。
フッ素系の離型剤を使うと、更に、フッ素コーティングによる撥油性という性質により、金型そのものに汚れがつきにくくなります。そのため、使用後の金型の洗浄に要する手間暇も削減することが出来て、非常に好都合です。
フッ素コーティング剤は、このように、離型剤として総合的に優れた性能を発揮してくれます。


プラスチック製品などの成型をするならフッ素コーティング系離型剤をおすすめいたします。フッ素コーティングがされている離型剤は「フロロテクノロジー」で無料サンプルを請求できますよ。

ARTICLE

  • 現場の作業効率をあげてくれる使いやすい離型剤

    ハンドメイド品と違って、同じ規格の製品を正確に大量に作り続ける必要があるプラスチックやゴム製品製造業の世界では、スピードと効率が命です。単位時間内に製造できる製品数が多いに越したことはなく、そのためには、成形の際の成形失敗率、破損率を…

    more
  • フッ素系離型剤の人気の秘密とは

    工業製品の中には、金型を使って原材料を成形して製品の形を整えるタイプのものが沢山あります。シリコン製品、プラスチック製品、ゴム製品などはその典型です。こういった製品は、成形作業の際に、金型に何の処理もしないでおくと、型から成形物が剥が…

    more
  • 離型剤選定で重視したいポイント

    離型剤を選ぶ際には、様々なポイントを考慮に入れる必要があります。まず、最も重視すべき点としては、成形作業において、ゴムやプラスチックの製品を破損することなく、綺麗に金型から外すことができるかどうか。その離型効果は確かかどうかという点で…

    more
  • 離型剤を選ぶ際には溶剤の引火性も考慮に入れよう

    ゴム製品などを大量に製造している場合、成形作業で使う道具の一つとして、離型剤は欠かせないアイテムでしょう。離型剤を選ぶ際、離型効果の高さや離型剤の価格などを検討しないというのはありえないでしょうが、離型剤に関しては、他にも考慮に入れる…

    more

INFORMATION