半田ごて

現場の作業効率をあげてくれる使いやすい離型剤

ハンドメイド品と違って、同じ規格の製品を正確に大量に作り続ける必要があるプラスチックやゴム製品製造業の世界では、スピードと効率が命です。単位時間内に製造できる製品数が多いに越したことはなく、そのためには、成形の際の成形失敗率、破損率を極力低く抑える必要があります。
この目的を達成するためには、多方面からの準備が必要になりますが、その中でも要の部分となるのが離型剤の選び方でしょう。金型にも原材料にも問題がなければ、成形が失敗する原因として最も重要なものは離型剤ということになります。この点、フッ素系離型剤という、フッ素コーティングの技術を応用した離型剤を使うと、期待通り、あるいはそれを上回る生産効率とスピードを達成することが可能になります。
フッ素系離型剤は、金型表面にごく薄い塗膜を作るだけで、非常に優れた離型性能を発揮してくれます。塗布量が少なくても強力な離型効果があるというのは、特に、厚みの少ないスリムな製品や複雑に入り組んだ形状の製品を成形する際に有益です。最近は、このような製品を手掛ける業者も多いため、フッ素系離型剤の需要は高まる一方と言えるでしょう。
現場作業のスピードアップと効率化が必要であれば、是非、フッ素系離型剤を導入してみてはいかがでしょうか。

ARTICLE

  • 現場の作業効率をあげてくれる使いやすい離型剤

    ハンドメイド品と違って、同じ規格の製品を正確に大量に作り続ける必要があるプラスチックやゴム製品製造業の世界では、スピードと効率が命です。単位時間内に製造できる製品数が多いに越したことはなく、そのためには、成形の際の成形失敗率、破損率を…

    more
  • フッ素系離型剤の人気の秘密とは

    工業製品の中には、金型を使って原材料を成形して製品の形を整えるタイプのものが沢山あります。シリコン製品、プラスチック製品、ゴム製品などはその典型です。こういった製品は、成形作業の際に、金型に何の処理もしないでおくと、型から成形物が剥が…

    more
  • 離型剤選定で重視したいポイント

    離型剤を選ぶ際には、様々なポイントを考慮に入れる必要があります。まず、最も重視すべき点としては、成形作業において、ゴムやプラスチックの製品を破損することなく、綺麗に金型から外すことができるかどうか。その離型効果は確かかどうかという点で…

    more
  • 離型剤を選ぶ際には溶剤の引火性も考慮に入れよう

    ゴム製品などを大量に製造している場合、成形作業で使う道具の一つとして、離型剤は欠かせないアイテムでしょう。離型剤を選ぶ際、離型効果の高さや離型剤の価格などを検討しないというのはありえないでしょうが、離型剤に関しては、他にも考慮に入れる…

    more

INFORMATION